育児

子どもに日本語を説明するのは難しい

ドラえもんを観ていたら、のび太がスネ夫のことを「見栄っ張り」と言うシーンがありました。

長男が「見栄っ張りって何?」と聞くので、さて何て答えようかと一瞬思案。

「うわべを取り繕う人」とか「自分を良く見せようとする人」とか言ってもピンとこないと思うので、ここは5歳児が知っている単語を使わなくてはいけません。そこで

「かっこつけ、だよ」

と言ったら、最近「かっこいい」に拘る息子たち、納得したようでした。ただ、かっこいい=見栄っ張りと勘違いされては困るので、その点はフォローを入れておきましたが。

翻訳もそうですが、平易な言葉をうまく使うのって難しいですね。

関連記事

  1. 育児

    メンタルの強さを見習いたい

    昨日、長男がわがままに加えて悪さをしたので、きつく叱りました。本人も叱…

  2. 育児

    夢を持ち続けるのもまた勇気(とお金)

    日曜日、七五三のお祝いに神社に行きました。子供向けのかわいい袋におふだ…

  3. 育児

    ママはほんやくをやっています

    と、子どもたちが幼稚園で先生に言ったそうなのですが、ほんやく、がうまく…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP